初出展!第5回『クリエイターEXPO』のレポート&感想

第5回クリエイターEXPO、無事に終了しました!
って、終わってから1ヶ月経ってしまったのですが、今更ですが初出展した『クリエイターEXPO』のレポートと感想を備忘録を兼ねて書いておこうと思います。

クリエイターEXPO ブース

なんだか超長い内容になってしまったので、気になる箇所をかいつまんで読んでもらえたらと思います。

出展前・準備

出展するにあたり、まずは出展する目的をはっきり決めようと思いました。
新しいクライアントさんとの出会いというのは勿論ですが、もっと掘り下げて何のために出展するのかを良く考えて目的をはっきりさせるところから始めました。

もう、何でも描きます!何でもやります!期では無い私の場合、中途半端にあれもこれもとやるよりは目的を絞った出展にした方が良い結果になるのでは?と思いまして。

出展する目的

私が出展するにあたり決めた大まかな目的はこの2つ。


・普段売り込みに行け無い媒体・業界の人と名刺交換をする
・イベントに出展する名目で新しい作品をたくさん増やす

ポイントは「仕事をゲットするぜ!」ではなく「名刺交換をする」です。
すぐ仕事に繋がらなくても良くて、とにかく普段売り込みに行けない業界(窓口がない)の方と名刺交換をして、今後いつでも売り込みができる状態にする事を目的にしました。
仕事を見つけるというよりも売り込み窓口を見つけるといった感じです。

出版関係はこういったイベントに出なくても、いつも窓口が開いているのでいくらでも営業できると思うので、そういう理由から出版関係は優先順位を最下位に設定。
今回はクリエポならではの業界の人達との出会いを一番の目的にしてみました。

準備にかかった時間

クリエポ出展のために使った総時間は、全部で約50時間です。(新しいイラストの製作時間と、ポートフォリオの整理時間は含めていません。)
ブースを考えたり、冊子を作ったり展示物を作ったりした総時間です。5月のデザフェスが終わった後から始めたので、今年はもう少し早めに準備しておこうと思います。

作ったもの&出展中の事

実際に出展してみて、必要だったもの不要だったものなど、やってみた事とその結果をまとめました。

ブース作り

ブースは、こんな感じでまずはイメージ図を作って考えました。
クリエイターEXPOのブース

実際のブースはこんな感じ。
クリエイターEXPO ブース
左が1日目、右が2日目以降です。

2日目以降は、A4冊子とポートフォリオを立てて中身が見えるようにし、テイクフリーの名刺とフライヤーを移動しました。
クリエイターEXPO ブース
パンフレットの中身を開いて立てたら、足を止めてくれる方が1日目より増えた気がします。これは隣りのブースの友人paricoちゃんのを真似してやってみました。

結果

■壁のテキストに食いついてくれる人が多かった

結構壁の文字に反応して声をかけてくれる方が多かったです。文字なんて見るわけがない!と思っていたので、これは意外過ぎました…!

絵をみりゃわかるだろ?!という思い込みは本当に良くないな〜と、普段の仕事も含め反省です。絵を描いていない人は、絵を見ただけじゃ解らないのだという当たり前の事を改めて実感したのでした。

今回はやりたいジャンルを訴求ポイントにして文字にしたのですが、文字にして壁に貼った全てのジャンルの業界の方にお声がけ頂き名刺交換をさせていただく事ができたので、無事に目的達成!

■タペストリーじゃなくても良かったかも

細かいのはあまり見てもらえないかもしれないから、パッと目に留まりやすく目立つように、一枚でどんなイラストレーターか分かってもらえるように…と思い壁一面サイズのタペストリーにしてみたのですが、これはそこまで意味無かったかも。

先述の通り、結構皆さんじっくりと壁面を見てくれる(文字まで)ので、アイキャッチ1つあれば小さい絵とかサンプルをもっと貼っても良かったかなと感じました。

来年はタペストリーにはしない予定です。今回のはデザフェスでも使えるので無駄にはなってないから良し!

■ブースの配置はその都度いじる

他の方も書いていますが、その都度様子見て変えていくのがいいと思います。
私も、人の動線を見つつ配置を変えてみたりしました。気になる箇所があればポップなど作ったりして直した方が絶対に良いなと思いました。

作った配布物について

自分が今一番やりたいジャンルに絞りパンフレットを制作。

もしかしたらあのジャンルも…という期待が浮かび上がるたびに、これはクリエポじゃなくても売り込める!と、あれもこれもと詰め込みそうになるのを我慢。

端折ったやつは全てポートフォリオへ入れ、話が発展した人にのみ「こういうのもやってます」と見せる感じにしました。

今回作った配布物
・A5折チラシ(Take Free用)…1000部
・A4の8P冊子(名刺交換した人に渡す用)…200部
・名刺(Take Free用)…1000部

テイクフリー用の名刺とは別に、普段使用している個人情報の入っている名刺も持参。これは具体的な話をした方と交換するためのものです。

そしてテイクフリー用の名刺には、メールアドレスを載せるのをやめました。
というのも、こういうイベント系で名刺収拾している業者からの勧誘メールを回避するためです。こっちは売り込むために出ているんであって、売り込まれたくはない!のです。

そんなわけで、配布用名刺にはサイトのURLと問い合わせメールフォームのURLのみを記載しておきました。

結果

■配布用の名刺は必要無かった

名刺にメアドや電話番号を載せているわけでも無く、内容が配布用A5チラシと同じなので配る意味がなかったなと思いました。
手にとってくれる人で名刺だけ求める人はほぼいないので、配布用のA5チラシだけで十分でした。

■折チラシ・パンフレット刷り過ぎた

A5チラシは1000部刷ったのですが、これはマジで大失敗…!!
なんでこんな刷ってしもーたん?!!状態でした。

なんでこんなに刷ったかというと、色々なクリエポブログを見たところ「1000部刷ってちょっと余るくらいだった〜」とか「足りなくなった!」とか書いている人が沢山いたので、それをみてこの部数に決めたのだったと思います(遠い目)

足りなくなるより良いや!みたいな気持ちもあったと思います…(遠い目)

そのブログの方達は誰でも良いからとにかく通った人に配りまくる!というスタンスの人達だったわけで、私とは違う感じだったから参考にしちゃ駄目なパターンだった…!

なんでそこ気付かなかったのか謎だけど(きっと舞い上がってたんでしょうね)私のように、ブースに足を止めてくれた人や興味持ってくれた人にだけ配るスタンスの人は、1000部は確実にいりません。
500部でも多いくらいだと思います。更に私は冊子も作っていたので、過去の自分よ一体全体どうしちゃったの?という感じでした。(ぐぎぎぎぎ)

そんな私が3日間で配布した枚数がこちら。

■1日目
A5チラシ…70部/A4冊子…10部

■2日目
A5チラシ…56部/A4冊子…9部

■3日目
A5チラシ…123部/A4冊子…9部

1日目に目的を達成してしまったため(出会いたかった業界の人達と数名と名刺交換できた)なんだか満足してしまい、2日目はちょっとボーッとしてしまいやる気が無さ過ぎた結果こうなりました。
そして3日目は、あれ?このままじゃ大量のパンフを持って帰らなきゃいけないんじゃねーのこれ?!重いの無理辛いやばい…!!ということで、半ば荷物を減らす事が目的になりつつ配布をがんばった結果こうなりました…^p^

この結果からいうと、私の場合はA5チラシ300部/A4冊子100部とかで良かったかな。
来年は今年作ったA5チラシをまた使うので、A4冊子だけ新調しようと思います。

■簡易版と詳細版は別けて正解だった

これは個人的な感触では正解だったかなと思います。でも私が配った部数を考えると、8PのA4冊子だけでも良かったかもしれません。
でも良く解らない人に詳細が載ったものを配るのが気持ち的に嫌だったのもあり、個人的には別けるやり方で良かったと思っています。

出展中の対応・流れ

先述の通り、食いついてくれた方や込み入った話をした方・名刺を交換した方にはA4の8P冊子を渡し、それ意外の方には簡易版のA5チラシを配りました。
壁面の訴求ポイントに食いついてくれた人には、そのジャンルのポートフォリオを見せて説明をする…というような流れでやってみました。

結果

■もっと配りに行っても良かったかも

興味を持ってくれた人にだけ配るというスタンスでいたのですが、3日目に(荷物を減らすために)気になる業種の人たちが前を通った時は自ら配りに行ってみる!という風にしてみました。
そしたら意外と足を止めて興味を示して真剣に話を聞いてくれる人が多かったので、ちょっとだけガンガン行くのも良いかもしれない…!と思えました。
来年はその辺をちょっとだけ改善してみようと思いました。

■友達と隣り同士出展がすごく良い

今回、友達のparicoちゃんと隣同士で出展したのですが、これがすごく良かったです。
初めてのことは一人じゃ心細いよーー!という、休み時間は連れションするタイプの女子だった私的には、仲の良い人が隣りに出展しているというのは本当にとても心強かったのです!

相談もしやすいし、暇な時喋れて孤独に殺されそうにならないし、ヤバイやつが来た時の対応も楽でした。
変に慣れ合いにもならずお互いの邪魔にならない絶妙な感じだったので、すごく良かった。

あとはこれは人によるかもですが、他の出展者の人達と必要以上に交流を求めていない人は知り合いでブース固めちゃったほうが変な気を使わなくて良いのでは?とも思いました。

その他、予想外・意外だったこと

■クリエポ出展者情報を見て来る人が結構いた

クリエポのサイトで出展者一覧とPR画像が閲覧できるのですが、これを見てブースに来て下さる方が結構いました。
これもまた「出展者沢山いるし、こんなの見るはずがない」と思っていたので超意外でした。すごい適当に作っちゃったのでもっとしっかり作れば良かったです。

お世話になっているクライアントさんも、この一覧に私の名前があったので挨拶に来て下さいました。

■はじめまして!とご無沙汰してます!がいっぱい

何年も前にお世話になったクライアントさんと偶然遭遇したり、普段なかなか挨拶ができない児童書の版元さんが挨拶しに来てくれたり、とにかく「ご無沙汰しています」と「はじめまして!いつもお世話になっております」的なのが結構ありました。

これがきっかけで数年ぶりにまた発注してもらえるようになったり、新規企画の話ができたり、新規クライアントさんとの出会いだけではなくこういう再会や出会いもあるのだな〜と感動しました。

■紙って重いのね

パンフレット、1000部もあるとすんごい重いのね!ギリギリまで気づかず、自力で運ぶつもりでいました。
デザフェスの時は15キロの運んだしいけるだろ〜とか思ってたけど、そんな重さ比じゃなかった…!

pariちゃんが「みえ氏だいじょぶ…??」と心配してく声をかけてくれて、パンフ1000部は印刷所からpariちゃんちに直接送り、pariちゃん夫婦が車で現地まで持ってきてくれました。神夫婦でした。
改めて感謝!!

■めちゃ眠い

想像以上に疲れました。帰ってからちょっと作業できるかなー?と思っていたけど、帰って気絶するように寝てまた早起き…といった感じであっという間に3日間過ぎました。
クリエポの期間仕事は入れちゃだめだと思いました。

クリエポ出展の収支内訳

最後に、クリエイターEXPOにかかった費用について書きたいと思います。

【内訳】
・出展料…46,400円
 ┗86,400円の内4万円は区の補助金

・A5折フライヤー(1000部)…5737円
・A4冊子8P(200部)…13650円
 ┗プリントパック(ポイント使用)

・名刺(1000部)…2180円
 ┗印刷のグラフィック(キャンペーン適用)

・タペストリー…15087円
・ポスターA0サイズ印刷代…153円
 ┗販促応援・ハナミ(キャンペーン・ポイント適用)

・ハリパネ等…1831円
・交通費(4日分)…約4500円


費用合計 89,538円

私の住んでいる区には、個人事業主・中小企業向けにこういったイベント出展の補助金制度がありまして、ブース料金は半額で出展ができました。
金額で躊躇されている方は一度お住まいのところにこういった制度がないか調べてみると良いと思います。

「中小企業」と記載があっても、問い合わせると個人事業主も該当する場合もあるので、役所に電話かメールしちゃうのが早いかと。

出展その後&まとめ

私がクリエポで名刺交換ができたのは12社でした。

そして、出展してから一ヶ月経ちましたが、クリエポきっかけで仕事につながったのは1社。交渉中・やりとり中が2社です。
たぶん交渉中のところは仕事には繋がらない気がするので、今のところ1社が仕事に繋がったという感じです!

先週やっと頼まれていたポートフォリオや詳細資料をお送りしたクライアントさんもあるので、それがこれからどうなるかな〜?という感じです。
仕事に繋がってくれたら嬉しいけど、今回ダメでも新しい作品や企画ができたらまたガンガン売り込もうと思っています。

営業と売り込みはタイミングも大きいし、過去に営業したところから3年後に仕事が来たこともあるので、クリエポも種まき作業だと思っています。
普通に営業したら、3日間でこんなに沢山のクライアントさんに営業なんてできないし、名刺交換だってこんなに一気にできないですしね!

そんなわけで、名刺が交換できただけで私のクリエポは大成功に終わったと言えるので、12社と名刺交換できたのは個人的にかなり大満足な結果となりました!!

個人的な感想

クリエポの3日間は、かなり充実した3日間で準備期間含めてこんなに自分の仕事について考えた事は無いんじゃないか?というくらい色々考えて実行して、すごく楽しかったです。

お隣ブースのparicoちゃんとも、人がいない時にたくさん仕事や絵の話をして、普段なかなか忙しくて会えないので会えなかった分まとめて一気におしゃべりしたくらいの勢いで喋れてすごく楽しかった!

良い意味でも悪い意味でも、自分の仕事についてこれからどうしていきたいのかという事を改めて深く見つめ直す事ができ、出展して本当に良かったな〜という気持ちしかありません。

こういったクリエイター系のイベントは期待するだけ無駄だと思ってしまっているので、「何か良い事があるかも〜」という期待が全く無いところからのスタートだったのですが、リピーターな知り合いや友人がどうして毎回出ているのかその意味を体感できた気がします。

新しい事やモノって、ネガティブな意見や感想の方を信じると大体失敗する事が多いので(私の経験上での話なので異論はあるでしょうけど)これからもポジティブな意見のほうを信じていこうと思いますw

最初から期待値が低かったのもあり、なんだか他の人よりも色々と感動が大きかった感じもあるかもしれませんが、とにかく充実して楽しかったです!

来年も友人のparicoちゃんとお隣り同士で申込をしました。
次回は今年の反省点や改善点・もっとこうすればよかった…!を考慮して、更に良い出展にできたらと思っています。今からとても楽しみです!!

なっげーブログ…!!!